うのすけ 日本乃御酒アレコレ
1月 これからしばらくの、「うのすけ」について

これからしばらくの、「うのすけ」について

ご無沙汰致しておりました。
皆様はお元気にされておりますか?

三月あたりからヒタヒタとはじまり、
これほど世界の風景を変えることになるとは思わなかった
斯様な事態に、地球全体が置かれました

休業、自粛要請中も、実際の営業は控えておりましたが
「これからの世界」に向けて、少しづつ種まきをする日々を
着々とすすめておりました

それぞれの立場で頑張っている皆様を
何らかのカタチで応援できるよう
「うのすけ」も「新しいカタチ」で
外食の楽しさ、寛ぎをお届けしていきます。

営業の仕方も時間も、日々暫定的に変化していきますが、
暫くの間は、基本的にはこのスタンスでいきます。

○「ゆとり設定」の席間隔
  同時在席人数は、4〜5名とさせていただきます

飛沫、接触がいちばんの感染源とされておりますので
他のお客様とも心地よく過ごせるよう
十分な席間隔をとらせていただきます

いつもの「うのすけ」より、少しゆとりがあるくらい
ということは、かなりゆったり空間です

○ 入店時の手指消毒をお願い致します

入口から遠くなりますが、洗面所に殺菌力の高いハンドソープと
殺菌消毒ジェルのご用意、うがい用の紙コップのご用意がございます

入口入ってすぐ目の前にも、プッシュ式のアルコールポンプと
外部で接触して気になる方には、衣服に噴霧して頂ける
食品添加物認定の、酸性化次亜水もご用意してあります

おひとり様づつお手元に、
マスクを入れる「マスクホルダー」とともに
「アルコールアトマイザー」をご用意致します

外したマスクに噴霧したり、うっかりマスクの外側を触ってしまった時等
こまめに、たっぷりお使いいただけます

こまめな手指消毒環境を提供すること で、あなたの健康をお守りします

○ マスク着用で、ご来店ください

マスク着用の意味は、物理的安全への対処もありますが
「人に感染させない、気遣いができるか」という基準。として考えました

「うのすけ」では、今の世の中の「日常」になった
ビニールシートや、アクリル板の導入を、出来るだけしないで
いけるところまでやっていこう。と考えました

皆様にとって「外食」は「非日常」だと思います
「非日常」に「日常」を持ち込むのはどうだろう?
そのひとつの答えと、提案です

今までのような「非日常」を提供していきます
ですので「お互いが感染しない、させない」思い遣りあい
ご協力くださいませ

お客様からのご要望もあり
「表情が半分以上隠れて見えないのは寂しい」ということで
店主は透明マスクでの対応をさせて頂いております

お話しも、店主が風上を背に横向いてたり、斜め上見てたりするのは「今まで通り」
お客様と斜向かいくらいでお話し伺うのも「昔のまま」
うちのカウンターは、狭いところでも80cmございます
出来れば、お話は「マスク越し」、心に届く音量で、お願い致します

ですので、暫くの間、
マスク着用のないお客様は、入店をご遠慮させて頂きます

○ 明らかに酔われている方、二軒目以降の方。入店お控えください
 (以前と全く変わりませんが)

楽しい時間をカウンターに並んだ皆様と共有できる方
是非是非、いらしてください

人と人とが交わる場所です
そして、「キチガイ水」とも言われる、お酒を扱う商いです
状況によっては、此方からお願いをしなければならない事もあります
できれば苦言は言いたくないです
聞きたくもないですよね?

二か月以上の休業中、開店に向けての準備に、店で仕事をしておりますと
看板も出さず、店頭の灯もなく、「休業中」と貼ってあっても
「やってますか?」と店内にスルっと入ろうとする方々が何人もおりました

半分以上は20時以降、営業自粛という都からの要請を
日常の早期回復を願い、請けていたその時間に
フラフラ入ってくる方でした

「自粛休業」を掲示しているのに、ご理解頂けなくてとても残念でした

コミュニケーションが取れない状態のお客様をお断り致します
お互いの安全のためにも

今の状況下になって「普通」になってしまったものを必要最低限は押さえ、
心を解いて食事と会話を楽しめる空間をご用意することに
日々チャレンジしていきます

少しだけ、お客様にご協力をお願いしてしまいますが
その分、今得難い空間と時間を、全力でご提案致します

ご来店心よりお待ち致しております